共同研究拠点・研究集会

2021年度の共同研究集会開催について

2021年7月更新:現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のため明治大学では入構制限措置が取られており、学内施設の使用を中止しています。

MIMSではオンラインによる「Webセミナー」開催の準備を整えました。詳しくは事務局までお問い合わせください。

 連絡先:
 明治大学先端数理科学インスティテュート
 共同利用・共同研究拠点 明治大学「現象数理学研究拠点」
 MIMS事務室
 E-mail: mims[at]mics.meiji.ac.jp ([at]→@)

2021年度開催
研究集会型「経費支援タイプ」

新規
2021年
12月2日-3日
  • 折り紙の科学を基盤とするアート・数理および工学への応用Ⅱ
  • 奈良知惠
    (明治大学)
    12月16日-17日
  • 高度な自動運転を実現するための数理の現状と課題
  • 萩原一郎
    (明治大学)
    2022年
    3月26日
  • 社会物理学とその周辺
  • 藤江 遼
    (神奈川大学)
     
    前年度繰り越し
    2021年
    10月13日-15日
  • 現象と数理モデル~数理モデリング学の形成に向けて~
  • 岩本真裕子
    (同志社大学)
    11月10日-11日
  • 医療AIの現状と課題
  • 中根和昭
    (大阪大学)
    12月3日-4日
  • 幾何学・連続体力学・情報科学の交差領域の探索(II)
    ー 視点をかえてみる力 ー

  • 田中良巳
    (横浜国立大学)
    2022年
    1月28日-29日
  • アクティブマター研究会2022
  • 北畑裕之
    (千葉大学)
    3月2日-3日
  • 錯覚の解明・創作・応用への
    諸アプローチ
    第16回 錯覚ワークショップ
  • 杉原厚吉
    (明治大学)
    2021年
    9月18日-19日
    12月21日-22日

  • Data-driven Mathematical Science経済物理学とその周辺1
    Data-driven Mathematical Science経済物理学とその周辺2
  • 田中美栄子
    (明治大学)

     

    折り紙の科学を基盤とする
    アート・数理 および工学への応用Ⅱ
    日時 : 2021年12月2日(木)、3日(金)
    開催方法 :
    オンライン Webセミナー(Zoom:Webinar機能利用)※事前申込制
    概要

     折り紙の科学は数理・情報・工学・機械・建築・医療・芸術・教育等と広範囲の分野に拡大し続けている。そこで,特に,「折り紙のアート・数理」および「折紙工学」をキーワードに,関連する分野の研究者が横断型に研究交流する場として研究集会を開催する。それぞれの分野に対して多様な情報をもたらすと共に,多角的な視野を育むことができると期待される。
     本研究集会は,2016年度に開催されたICMMA2016の成果を引き継いで毎年開催され,成果をさらに積み重ね,折紙工学の分野での応用を事例に,周辺領域の研究者を加えて内容の充実をはかり,研究成果を発信していくことを目的とする。昨年度はCOVID-19の影響でオンラインのzoom会議で実施し,今年度も同様の形態での実施となる。
     昨年度は多数の学生(2日間で延べ約70名)の参加があったことを踏まえ,できるだけ参加しやすい環境を整え,若手研究者の招待講演やショートトークをプログラムに取り入れた。また,この分野における海外の著名な研究者であるThomas Hull教授による特別講演から始まる。質疑応答の時間を十分に確保して一般参加者との交流も促進したい。
     
    組織委員

    奈良知惠(Chie Nara, Chair)(明治大学),萩原一郎 (Ichiro Hagiwara)(明治大学)
    上原隆平(Ryuhei Uehara)(JAIST),三谷純(Jun Mitani)(筑波大学)
    舘知宏(Tomohiro Tachi)(東京大学),俣野博(Hiroshi Matano)(明治大学)
     

    開催方法
    Zoom Webinar使用。オンラインで開催予定
     
    当日の視聴参加にはミーテイング用Zoomクライアントアプリ(無料アカウントでも視聴可能)の利用が便利ですが、ブラウザからの参加も可能です(パネリストを除く)。
     
    【Zoomクライアントアプリのダウンロード】(公式ホームページ)
     https://zoom.us/download#client_4meeting
     
    【視聴参加可能ブラウザ】
    ・ Chromiun Edge 80以上(推奨)
    ・ Google Chrome 53.0.2785以上(推奨)
    ・ Firefox 49.0以降(推奨)
    ・ Safari 10.0.602.1.50以上
    ・ Internet Explorer 10以上
     
    参加申込:事前登録制

     ※ 主催者からの招待参加者の方は、申し込み不要です。
     

    参加を希望する開催日の専用「申し込みフォーム」に、必要事項をご記入の上 お申し込みください。両日とも参加ご希望の場合は、お手数ですが各開催日ごとに申し込みが必要となります。

    12月2日(木)
     
     

      
    12月3日(金)
     
     

      
    ※ セミナー視聴参加用のURLを申し込みフォームにご記入のメールアドレス宛てにご連絡します。
    ※ お申し込み後、24時間を経過しても申込受付メールが届かない場合はMIMS事務室までご連絡ください。
     ● MIMS事務室 e-mail: mims[at]mics.meiji.ac.jp ([at]を @ に変更してください)

    Program
    12月2日(木)
    9:50-

        開会 (Opening)

    10:00-11:00

    特別招待講演 Special invited talk
     Thomas Hull (Western New England University)
     Face flips in flat origami and the origami flip graph

    11:10-11:40

    坪井 俊 (Takashi Tsuboi, 武蔵野大学)
     平坦トーラスの折り紙埋め込みについて

    11:40-12:10

    鍛冶 静雄 (Shizuo Kaji, 九州大学)
     メビウス・カライドサイクル

    12:10-

        昼休み

    13:30–14:00

    舘 知宏 (Tomohiro Tachi, 東京大学)
     つながるかたち:アート・サイエンス協働

    14:00–14:30

    伊藤 大雄 (Hiro Ito, 電気通信大学)
     平行山谷付き平坦折り問題 (その2)

    14:30–15:00

    松原 和樹 (Kazuki Matsubara, 埼玉大学)
     剛辺数に着目した多面体の連続的平坦化問題

    15:00-

        休憩

    15:20–15:50

    宮本 好信 (Yoshinobu Miyamoto, 愛知工業大学)
     形状記憶樹脂駆動のRES模型試作 (FDM4Dプリント技法)
      Prototyping RES models with Shape Memory Plastic Actuators (FDM 4D-printing technique)

    15:50–16:20

    ルイス ディアゴ (Luis Diago, 明治大学)
     Origami metamaterial reconstructing any structure including non-convex curved surface in a row

    16:20–16:50

    萩原 一郎 (Ichiro Hagiwara, 明治大学)
     欧米中国と日本のエネルギー吸収折紙構造の研究方向の相違について


    12月3日(金)
    10:00-10:30

    寺田 耕輔 (Kosuke Terada, 明星大学)
     折紙工法におけるプレスによる折線加工法(その2)

    10:30-11:00

    上原 隆平 (Ryuhei Uehara, JAIST)
     定数回の再折りで連結な凸多面体の関係の研究

    11:00-

        小休止

    11:10–12:10

    ショートトーク
    山崎 桂子 (Keiko Yamazaki, 明治大学)
       扇研究の今後の展望
     
    崎谷 明恵 (Akie Sakitani, 明治大学)
     折畳飲料容器の潰れ特性
     
    佐々木 淑恵 (Toshie Sasaki, 明治大学)
     新しいトポロジー最適化手法の開発とそれを利用した安全折紙輸送箱の開発
     
    阿部 綾 (Aya Abe, 明治大学)
     反転捩り折紙構造のエネルギー吸収特性
     

    12:10-

        昼休み

    13:30–14:00

    三谷 純 (Jun Mitani, 筑波大学)
     曲線折りに関する最近の研究の紹介

    14:00–14:30

    石田 祥子(Sachiko Ishida, 明治大学)
     折紙タイヤプロジェクト2019とその後

    14:30–15:00

    斉藤 一哉(Kazuya Saito, 九州大学)
     ハサミムシの扇子の工学応用

    15:00-

        休憩

    15:20–15:50

    今田 凜輝 (Rinki Imada, 東京大学)
     なまこ折りの力学系

    15:50–16:20

    奈良 知惠 (Chie Nara, 明治大学)
     正24胞体の折りたたみとオクタバグ

    16:20–16:30

        閉会(Closing)

    高度な自動運転を実現するための数理の現状と課題
    日時 : 2021年12月16日(木)、17日(金)
    組織委員

    萩原一郎(明治大学)

     
    社会物理学とその周辺
    日時 : 2022年3月26日(土)
    組織委員

    藤江 遼(神奈川大学)

    現象と数理モデル
     ~数理モデリング学の形成に向けて~
    日時 : 2021年10月13日(木)~15日(金)
    概要

    本研究集会は、これまで以上に現象数理学が発展するために、また、これまでは複雑すぎてモデリングが叶わなかった幅広い分野の複雑な現象を理解するために、今一度、数理モデリングの心得を整理し、良い数理モデルとは何かを実験系と数学の両面から考え直し体系化していくためのキックオフミーティングとする。そこで本研究集会では、多くの研究者が当然のものとして使っている数理モデルである、反応拡散モデル(パターン形成、感染症)、フェーズフィールドモデル、統計モデル、セルオートマトンモデルを構築・利用している研究者を招き、現象の本質と実データと照らし合わせながら、それぞれの数理モデルがどのような階層構造を担っているのかを議論する。

     
    組織委員

    岩本真裕子(同志社大学)
    医療AIの現状と課題
    日時 : 2021年11月10日(水)、11日(木)
    概要

    近年のAIの発達は目覚ましいものがあり、多くのAIを用いたシステムが我々の日常生活にも導入されつつある。これまでの研究により、どのようなタイプの課題にAIが有効であるかが整理されてきたため、今後さらに多くのAIを用いたシステムの導入が加速されると予想できる。
    一方、医療用画像へのAI適用には、「適切な質・量の教師データの確保」や「アルゴリズムのホワイトボックス化」など、多くの解決すべき問題が明らかになっている。これらの問題は、信頼性と安定性を求める医療機器の認証側でも議論の的となっている。 本研究会では、著名な研究者たちにより、最新のAI技術研究の状況を紹介していただき、AI実用化における課題を明確化するとともに、その解決法を提案していく。
     
    組織委員

    中根和昭(大阪大学)

    幾何学・連続体力学・情報科学の交差領域の探索(II)
    ー 視点をかえてみる力 ー
    日時 : 2021年12月3日(金)、4日(土)
    開催方法 :
    ハイブリッド形式(組織委員・講演者のみ対面/オンライン公開(Zoom Webinar機能利用))
    概要

    本研究集会の目的は、非線形数学、物理学、材料力学から細胞生物学にいたるまで異なった研究領域で活動する研究者が集い、(どれも広い意味での)「力と形と情報」をキーワードに研究発表と討論を行う。特に「視点を変えて見る」ことの重要性を強調したい。視点を変えると、同じことの違った側面が、また、違ったことの似た側面が見えてくる。それには研究の対象や手法を広げるという実際的な益があるし、人間が世界の見方を深めるという意義もある。そしてその新たな視点から得た景色を受け入れるためには,形やその変化(変形)に対する視覚や触覚に由来する直感-なかば強引に“力学的直感”と言い換えたい-が鍵となろう。そんなことを念頭に力と形と情報の間の導通性のある接点を求めて議論をしたい。
     
    組織委員

    田中良巳(横浜国立大学環境情報准教授)
    山口哲生(東京大学農学部生命研究科准教授)
    佐藤勝彦(北海道大学電子研准教授)、住野豊(東京理科大学理学部准教授)
    和田浩史(立命館大学理工学部教授)、木村正人(金沢大学理工学類教授)
    山口智彦(明治大学研究・知財戦略機構特任教授)
     
    開催方法

    ハイブリッド形式
    組織委員、講演者のみ対面/オンライン視聴公開(Zoom Webinar機能利用)
     
    視聴申込
    当日の視聴参加にはミーテイング用Zoomクライアントアプリ(無料アカウントでも視聴可能)の利用が便利ですが、ブラウザからの参加も可能です(パネリストを除く)。
     
    【Zoomクライアントアプリのダウンロード】(公式ホームページ)
     https://zoom.us/download#client_4meeting
     
    【視聴参加可能ブラウザ】
    ・ Chromiun Edge 80以上(推奨)
    ・ Google Chrome 53.0.2785以上(推奨)
    ・ Firefox 49.0以降(推奨)
    ・ Safari 10.0.602.1.50以上
    ・ Internet Explorer 10以上
     
     視聴参加申込:事前登録制

     ※ 主催者からの招待参加者の方は、申し込み不要です。
     

    参加を希望する開催日の専用「申し込みフォーム」に、必要事項をご記入の上 お申し込みください。両日とも参加ご希望の場合は、お手数ですが各開催日ごとに申し込みが必要となります。

    12月3日(金)
     
     

      
    12月4日(土)
     
     

      
    ※ セミナー視聴参加用のURLを申し込みフォームにご記入のメールアドレス宛てにご連絡します。
    ※ お申し込み後、24時間を経過しても申込受付メールが届かない場合はMIMS事務室までご連絡ください。
     ● MIMS事務室 e-mail: mims[at]mics.meiji.ac.jp ([at]を @ に変更してください)
    オンデマンド配信

    ライブでの研究集会終了後も2021年12月7日(火)~12月14日(火)24:00までは、講演の記録動画の視聴が可能です。この間の視聴参加申し込みについては、2021年12月7日(火)にこのページ上でご案内します。
    Program
    12月3日(金)
    9:50-   

    オープニング

    10:00-11:10

     水野英如 (東京大学)
     ガラスの階層的力学特性

    11:10-12:20

     田中展 (大阪大学)
     周期構造の低自由度モデル(メカニカルメタマテリアル)と
     その非線形力学解析

    12:20-14:00

    昼休
     

    13:30-13:50 ショートトーク
     木村正人 (金沢大学)
     バネ質点系を用いた弾性体近似とメタマテリアル

    14:00-15:10

     伊藤弘道 (東京理科大学)
     ある非線形(粘)弾性体モデルの数学解析

    15:10-15:50

    休憩
     

    15:20-15:40 ショートトーク
     山口哲生 (東京大学)
     超音速すべり摩擦

    15:50-17:00

     西浦廉政 (北海道大学)
     散逸系におけるマクロな粒子性と波動性

    17:00-   

    討論


    12月4日(土)
    10:00-11:10

     篠本滋 (国際電気通信基礎技術研究所(ATR))
     力学系研究とAI技術との融合

    11:10-12:20

     泉田啓 (京都大学)
     蝶の羽ばたき飛翔に観られる流場とその機能

    12:20-14:00

    昼休
     

    13:30-13:50 ショートトーク
     田中良巳 (横浜国立大学)
     浸透圧って何だっけ?

    14:00-15:10

     谷本博一 (横浜市立大学)
     細胞の中ではたらく物理的な力

    15:10-15:50

        休憩

    15:20-15:40 ショートトーク
     住野豊 (東京理科大学)
     不釣り合いな実効的相互作用がもたらす
     コロイド粒子の集団運動

    15:50-17:00

     馬渕一誠(大妻女子大学)
     細胞質分裂の研究

    17:00-   

    討論

    アクティブマター研究会2022
    Active Matter Workshop 2022
    日時   | Date
      January 28 (Fri) and 29 (Sat), 2022.
     
    組織委員 / Organising committee

    研究代表者:北畑裕之(千葉大学大学院理学研究院) KITAHATA Hiroyuki (Chiba Univ.)
    錯覚の解明・創作・応用への
    諸アプローチ
    第16回錯覚ワークショップ 
    日時 : 2022年3月2日(水)、3日(木)
    開催方法 :
    オンライン開催(Zoom:Webinar機能利用)※事前申込制
     
    組織委員長
     
    杉原厚吉(明治大学)
    組織委員

    杉原厚吉(明治大学)、山口智彦(明治大学)、宮下芳明(明治大学)
    北岡明佳(立命館大学)、一川誠(千葉大学)、星加民雄(東亜大学)、
    近藤信太郎(岐阜大学)、森口昌樹(中央大学)、須志田隆道(サレジオ工業高等専門学校)
     

    主催
     
    明治大学「現象数理学」共同利用・共同研究拠点
    共済
     
    明治大学研究ブランディング事業 Math Ubiquitous 錯視・錯覚チーム 科研費基盤研究(B)「自然環境下での奥行き錯視の数理モデル構築と事故防止・知育教育への応用」
    科研費挑戦的研究(萌芽)「『超不可能立体』の発掘とその錯視誘発要因の定量化・体系化」
     
    概要

    「錯覚ワークショップ」を本年度も昨年度に続きオンラインで開催します。今年度の中心テーマは「錯視の解明・創作・応用への諸アプローチ」ですが、これに限らず錯覚に関する研究発表を広く募り、この分野の研究者の交流の場を提供します。ふるってご参加ください。
     
    発表申込方法

     
      発表は次の申込フォームからお申込みください。
       ↓ ↓ 


     

    スケジュール
    2022年
    1月17日(月)
    発表申し込みの締め切り
    1月21日(金)採否の連絡
    2月21日(月)アブストラクト(A4判1ページ)の締め切り
    3月2日(水)、3日(木)錯覚ワークショップ


     

    問い合わせ先
    杉原厚吉: kokichis[at]meiji.ac.jp([at]を@に置き換えてください。)
    Data-driven Mathematical Science:
    経済物理学とその周辺1
    日時 : 2021年9月18日(土)、19日(日)
    概要
     これまで、実測が難しく理論を構築しながらも実証が困難であった社会現象や経済現象といった大規模データの関わる事象に対して、近年の情報通信技術の発達と普及の結果、広範囲に大量のデータを蓄積できるようになり、広範囲に蓄積されたデータを統計数理的方法に基づき分析することで、これまで理論や数値計算に止まっていた社会現象や経済現象の研究を、実証的分析を通じ精緻化できる可能性が生じた。このような背景から、経済現象を物理科学的観点から観測・計量・モデル化・理論構築を行うことが可能となってきており、経済物理学または社会物理学と呼ばれる分野が世界的に形成され、今後も発展し続けると期待される。そこで、高頻度経済時系列や各種データベースを用いた実証論的分析手法、統計分析結果の報告、および研究者と経営実務家・金融実務家の交流を通じてアイデアと知識の交換による分野の発展を目指す。
      
     
    組織委員
    田中美栄子(明治大学)
    Data-driven Mathematical Science:
    経済物理学とその周辺2
    日時 : 2021年12月21日(火)、22日(水)
    組織委員
    田中美栄子(明治大学)

    2021年度開催
    共同研究型「経費支援タイプ」

    2022年
    1月13日-14日
  • 折紙構造・折紙式プリンター・扇構造の工学的芸術的アプローチ
  • 萩原一郎
    (明治大学)
    2021年
    11月8日-10日

  • 植物の「カタチ」と「チカラ」を解き明かす
  • 島 弘幸
    (明治大学)
    折紙構造・折紙式プリンター・扇構造の
    工学的芸術的アプローチ
    日時 : 2022年1月13日(木)、14日(金)
    概要
     日本伝統の畳む文化は折り紙、折畳扇を誕生させた。折り紙から折紙工学、折紙式プリンターが誕生し、2019年度より折畳扇の数理的アプローチも始め、この3つの課題を鋭意進めている。1日目は日ごろから共同研究を進めている先生方と非公開で検討会を行い、二日目は、その成果を中心に公開する。
      

     
    組織委員

    萩原一郎(明治大学)
    植物の「カタチ」と「チカラ」を解き明かす
    日時 : 2021年11月8日(月)~10日(水)
    開催方法 :
    非公開開催
    概要

     公園の樹木から花壇の花々、そして道ばたの雑草にいたるまで、私たちの周りは多種多様なカタチをした植物であふれています。この研究会では、こうした植物の形態と構造に注目し、組織レベルで発揮される植物の力学的性質がいかに優れているのかを現象数理学の視点から明らかにすることを目指します。
     分子生物学が発達した今日では、すべての植物の生理作用が、遺伝子レベル・細胞レベルで緻密に制御されていることがわかっています。その一方で、植物の組織レベル(例えば樹木の幹・枝・葉・根など)では、組織に作用する各種のチカラ(重力・曲げ応力・膨圧・摩擦力など)が絶妙な釣り合いを保ちながら、時々刻々と変化する環境条件に適応しているはずです。こうした植物のカタチとチカラが織りなす機能美に対して、植物の実測データ取得と数理モデリングの両視点からアプローチすることを試みます。さらには、植物の力学的合理性を模倣した、新しい高機能材料・高層建築デザインの提案可能性を探ります。
    組織委員

    島 弘幸(山梨大学大学院総合研究部 教授)
    山口 智彦(明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授)
    プログラム
    11月8日(月)
    13:15

    集合、準備、自己紹介

    13:30

    井上 昭夫(近畿大学農学部 教授)
    話題提供・問題提起

    14:30

    小野田 雄介(京都大学大学院農学研究科 准教授)
    話題提供・問題提起

    15:30

    佐藤 太裕(北海道大学大学院工学研究院 教授)
    話題提供・問題提起

    16:30

    秋葉 祐里(北海道大学大学院工学研究院 学振研究員)
    話題提供・問題提起

    17:30-18:30

    Free Discussion


     
    11月9日(火)
    09:30

    石川 和也(岩手生物工学研究センターゲノム育種研究部 研究員)
    話題提供・問題提起

    10:30

    津川 暁(秋田県立大学システム科学技術部 助教)
    話題提供・問題提起

    11:30

       昼休憩

    13:00

    井上 昭夫(近畿大学農学部 教授)
    解決策の提案、議論

    14:00

    小野田 雄介(京都大学大学院農学研究科 准教授)
    解決策の提案、議論

    15:00

    佐藤 太裕(北海道大学大学院工学研究院 教授)
    解決策の提案、議論

    16:00

    秋葉 祐里(北海道大学大学院工学研究院 学振研究員)
    解決策の提案、議論

    17:00-18:30

    Free Discussion


     
    11月10日(水)
    09:30

    石川 和也(岩手生物工学研究センターゲノム育種研究部 研究員)
    解決策の提案、議論

    10:30

    津川 暁(秋田県立大学システム科学技術部 助教)
    解決策の提案、議論

    11:30

       昼休憩

    13:00-

    Free Discussion
    順次解散

    18:30

    退室