共同研究拠点・研究集会

共同利用・共同研究拠点
MIMS 現象数理学拠点 共同研究集会
2016年度

採択一覧 2016年度開催
主催 共同利用・共同研究拠点
明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS) 「現象数理学拠点」
中野キャンパスへのアクセス
募集要項

 締切り:2016年(平成28年)7月29日(金)。現在追加募集中です。

これまでの
開催記録

共同利用・共同研究拠点 MIMS「現象数理学拠点」
2015年度開催共同研究集会 採択一覧・詳細


共同利用・共同研究拠点 MIMS「現象数理学拠点」
2014年度開催共同研究集会 採択一覧・詳細

2016年度開催 研究集会型

 

2016年
6月
29日,30日
  • 生体と社会のシステム破綻現象
  • 世話人:高安秀樹
    (ソニーコンピュータサイエンス研究所)
    8月
  • 計算機を援用したタイル張りの分類
  • 世話人:赤間陽二(東北大学)
    11月
    24日, 25日
  • ディープラーニングを採り入れた感性工学の新展開
  • 世話人:萩原一郎(明治大学)

    2017年
    3月6日, 8日
  • 錯視の文法を探る~視覚モデリングへの諸アプローチ~
  • 世話人:杉原厚吉(明治大学)

     

    「生体と社会のシステム破綻現象」
    日時 :
    2016年6月29日(水), 30日(木)
    場所 :
    明治大学中野キャンパス 6階603研究セミナー室
    Campus map :

    狙い :
    生体と社会は、どちらも多種多様な要素が長い時間をかけて構築した複雑なシステムであり、不断に変化する外界と調和しながら全体として高度な機能を発現している。本研究会では、このような複雑なシステムが突然機能を失うような破綻現象に焦点を当て、数理科学に基づく横断的な視点から、破綻の前兆、破綻の開始、破綻の伝播、そして、破綻からの回復などに関して、個々の事例を通して議論する。生体と社会という異なる分野の現象を見渡すことによって、複雑なシステムの破綻現象を分類し、潜在する数理的な共通構造を浮かび上がらせることができるものと期待する。

    組織委員 :



    高安秀樹(ソニーコンピュータサイエンス研究所/明治大学客員研究員)
    合原一幸(東京大学)、北野宏明(沖縄科学技術大学院大学)
    倉智嘉久(大阪大学)、本間雅(東京大学)、鈴木洋史(東京大学)
    高安美佐子(東京工業大学)、西成活裕(東京大学)、増川純一(成城大学)
    古谷和春(大阪大学)、三村昌泰(明治大学)

    参加希望問い合せ先 :
    takayas1[at]meiji.ac.jp([at]を@に変更してください。)

    Program

    (それぞれ30分程度の講演と20分程度の議論を想定します。以下敬称略)

    6月29日(水)
    13:00- 高安秀樹(ソニーCSL,東京工業大学,明治大学)
    「研究集会の狙い+システム破綻現象の分類」
    14:20- 古谷和春・津元国親・倉智嘉久(大阪大学)
    「心機能障害時のシステム破綻現象」
    15:10-15:20 休憩
    15:20- 合原一幸(東京大学)
     「システム破綻と制御の非線形動力学」
    16:10- 高安美佐子(東京工業大学)
    「社会システム破綻:企業取引ネットワーク」
    17:00- ブレスト 議論
    6月30日(木)
    9:30- 増川純一(成城大学)
    「社会システム破綻:金融市場」
    10:20- 本間雅・鈴木洋史(東京大学)
    「慢性疾患と内因性小分子の恒常性維持システムの破綻」
    11:10-11:30 休憩
    11:30- 西成活裕(東京大学)
    「社会システム破綻:交通物流」
    12:20- 今後の展望 議論
    12:40 解散

     

    2016年度開催 共同研究型

    研究期間
    2016年4月〜2017年3月

    成果発表
    2016年5月19日, 20日
  • 連続的折畳み構造および産業化の研究
  • 世話人:奈良知恵(明治大学)
    研究期間
    2016年4月〜2017年3月

    成果発表
    2016年6月13日〜21日
  • 腫瘍細胞の接触抑制機構の数理的解明
  • 世話人:三村昌泰(明治大学)
    研究期間
    2016年4月〜2017年3月

    成果発表
    2017年1月19日, 20日
  • 折畳モデルの産業応用研究
  • 世話人:奈良知恵(明治大学)
    研究期間
    2016年4月〜2017年3月

    成果発表
    2017年3月1日〜3日
  • 視覚の数理モデルからの錯視現象の理解
  • 世話人:杉原厚吉(明治大学)

     

    「折紙工学講演会」
    日時 :
    2016年5月19日(木)16:30-18:00
    場所 :
    明治大学中野キャンパス6階603研究セミナー室
    Campus map :

    連続的折畳み構造および産業化の研究
    組織委員 :

    奈良知恵(明治大学),萩原一郎(明治大学),伊藤仁一(熊本大学)
    小林祐樹(東京工業大学),堀山貴史(埼玉大学)

     
    Program
    5月19日(木)
    16:30〜18:00 "New Results in Computational Origami
       - Physical and Theoretical Limits -"
    Speaker: Erik D. Demaine 氏(マサチューセッツ工科大学)
       Erik Demaine(1981年-)氏は幼少の頃より天才少年として知られていた。12歳でカナダの大学に入学し14歳で学士号取得、20歳のときにWaterloo大学より博士の学位を得て、マサチュウセッツ工科大学に就職。最年少で教授となり現在に至っている。
     数学・コンピューターサイエンス・アートと活動範囲は広く、日本の伝統的な「一刀切り」を数学的定理として一般化した論文は18歳のときのものである。
     この講演では「厚みのある素材の折り畳み」を始め、最近の種々の研究結果についてアイデアや要点を直接拝聴することができ、研究の最前線に触れる絶好の機会である。