MIMS現象数理学拠点リモートセミナー

2020年度
第1回
「感染症伝染ダイナミクスの数理モデル初歩」

概要

微分方程式を学んだことのある数理系の学部学生も聴取者として想定して,感染症伝染ダイナミクスを数理的に捉える数理モデリングの考え方の基礎について説明するとともに、古典的な基礎モデルの特性について紹介します。


 日時:
2020年8月6日(木) 14:30~16:00
 講師:
瀬野裕美 氏 東北大学 情報科学研究科

感染症数理モデルの初心者向きセミナーです。数理系学部3年生以上、理系大学院生に加えて異分野研究者の方のご聴講も歓迎いたします。ふるってご参加下さい。

開催方法

 Zoom社のWebinar機能を使用しオンラインで開催する予定です。
当日の聴講はミーテイング用Zoomクライアントアプリ(無料アカウントでも視聴可能)をご利用ください。

参加登録
事前登録制です。
※ 申し込み:終了しました


 

※ セミナー視聴参加用のURLは、申し込みフォームにご記入のメールアドレス宛てにご連絡します。
※ お申し込み後、24時間を経過してもメールが届かない場合はMIMS事務室までご連絡ください。
  ● MIMS事務室 e-mail: mims[at]mics.meiji.ac.jp ([at]を @ に変更してください)

キーワード

感染力(force of infection)
Kermack-McKendrickモデル
R0(基本再生産数)
感染症不在平衡状態(disease-free state)
感染症定着平衡状態(endemic state)

参考文献

● 齋藤保久・佐藤一憲・瀬野裕美. 数理生物学講義【展開編】 ー数理モデル解析の講究ー. 共立出版, 東京, 2017.
● 瀬野裕美. 数理生物学講義【基礎編】 ー数理モデル解析の初歩ー. 共立出版, 東京, 2016.
● L.J.S. Allen. 生物数学入門 — 差分方程式・微分方程式の基礎からのアプローチ —. 共立出版, 東京, 2011. (竹内・佐藤・守田・宮崎 監訳)
● 関村利朗, 山村則男(編). 理論生物学の基礎. 海游舎, 東京, 2012.
● 稲葉寿. 感染症の数理モデル. 培風館, 東京, 2008.
● 日本数理生物学会(編). 『数』の数理生物学(瀬野裕美 責任編集), シリーズ数理生物学要論, 第1巻. 共立出版, 東京, 2008.
● 瀬野裕美. 数理生物学 — 個体群動態の数理モデリング入門 —. 共立出版, 東京, 2007.
● 稲葉寿. 数理人口学. 東京大学出版会, 東京, 2002.

主催

明治大学先端数理科学インスティテュート (MIMS)
共同利用・共同研究拠点「現象数理学研究拠点


共催

明治大学研究ブランディング事業


コーディネーター

西森拓(明治大学)


問い合わせ先
〒164-8525
東京都中野区中野4-21-1 明治大学中野キャンパス高層棟8階
明治大学 先端数理科学インスティテュート
Tel. 03-5343-8067
E-mail:mims@mics.meiji.ac.jp